ほうれい線・シワの対策

ほうれい線・シワの対策記事一覧

ほうれい線対策について

ほうれい線は、小鼻から下に向かって刻まれるシワの一種です。30代以降から気にしだす人が増えます。顔の中心に二本、ぼんやりとしたシワがあると、実年齢よりも老けて見えるので、できることなら消したいですよね。ほうれい線のできる原因としては、他のシワと同様に、乾燥、紫外線、肌内部のコラーゲンの減少または衰え...

≫続きを読む

シワが気になってきたら

シワはある日突然できるのではなく、小さなしわがだんだん深くなっていって刻まれていきます。多くの人は、笑った後目尻に小ジワができてなかなか消えない、または目の下のたるみが目立ってくることからシワが気になってくるのではないでしょうか。目元の皮膚は薄いことと、目の周辺の筋肉はよく動かされること、乾燥しやす...

≫続きを読む

シワを進行させないためには

"シワの発生は避けることはできませんが、そのメカニズムが解明されてきていて発生や進行を遅らせることは可能になってきています。シワには乾燥が原因でできるものと、加齢などが原因でできるものがあります。乾燥が原因でできる浅くて細かいシワは、水分不足を補ってあげればリカバリーできます。特に皮膚が薄い目元は乾...

≫続きを読む

顔の筋トレでシワ予防

"シワには乾燥によるものと老化によるものがあります。乾燥によるシワは、保湿により回復させることができます。老化によるシワは、肌内部のコラーゲンがダメージを受けて発生する深いシワです。加齢による老化だけでなく、乾燥や紫外線から適切にケアを行わないことも原因になります。また、表情ジワと呼ばれるものもあり...

≫続きを読む

あごのたるみを解消しよう!

電車の窓に映る自分や写真を見て、あごがたるんで二重になっているのに気が付いてショックを受けた経験はありませんか。あごがたるんでいるということは口角、頬が下がり、目の周辺もたるんでいる、つまり顔全体がたるんで、重力に従って下がってきている、ということです。電車の明かりの下では、シワやたるみが映し出され...

≫続きを読む

フェイスラインのたるみに注意してケア!

フェイスラインは気が付かないうちにたるんでいきます。フェイスラインがたるむと、顔の輪郭がぼけてシャープさが失われます。年齢を重ねると、肌の内側で皮膚や脂肪を支えている筋肉が衰えていきます。そこで支えきれなくなった皮膚がたるんでくるのです。たるみが重なってその部分がシワになり、たるみとシワができてしま...

≫続きを読む

眉間のシワの対策について

眉間のシワは、不機嫌そう、怒っている、と他人に思われてしまい、あらゆるシワの中でも印象が良くないシワのひとつです。眉間のシワの一番の対策は、作らないことです。老化による要因ももちろんありますが、眉間のシワの主な原因は、表情の癖によるものです。視力が悪くていつも目を細めていたり、考え事をするときに顔を...

≫続きを読む

ちりめんジワとその対策

ちりめんジワとは、目の下にできる浅くて細かいシワのことをいいます。目の周辺の皮膚は薄い上、まばたき等で動かすことが多い所なので乾燥しやすく、細かいシワができやすくなります。特に空調の効いた部屋でPC作業をしているととても乾燥するのでこまめにうるおい補給をしましょう。ちりめんジワは乾燥が原因で一時的に...

≫続きを読む

額のシワの対策について

額にできる横に長い猿ジワは、老けて見えるのでできてしまったら困りますね。額のシワは、表情のクセによってできることが多いようです。表情ジワは、表情豊かな人にできやすいシワです。よく笑う人、神経質で顔をしかめてイライラしている人、不機嫌で口をいつも曲げている人は、その表情が固定されていくようです。表情ジ...

≫続きを読む

口元のシワの対策について

口元にはほうれい線やマリオネットラインなど、老け顔の原因になるシワができます。他人の目につきやすいごまかしのきかないところなので、くっきりと刻まれてしまう前に対策を立てたいところですね。口元のシワの主な原因は、加齢による皮膚のたるみです。皮膚のたるみによるシワの改善策は、肌の真皮層のコラーゲンの生成...

≫続きを読む

目元のシワ対策について

目の周辺は皮膚が薄く、乾燥しやすくなっています。また、まばたきや、眼球運動など、顔の筋肉の中でも最も酷使される場所です。そのため、年齢に関係なくシワができやすい場所です。乾燥だけが原因のちりめんジワの場合は、保湿をしっかりとしたらすぐに元に戻ります。けれども、しっかりケアしないと、シワが真皮層にまで...

≫続きを読む

手のシワのケアも忘れずに

どんなに顔のエイジングケアをがんばっても、手がシワだらけなら台無しです。手はその人の美意識が最もあらわれる場所だといわれます。顔と違って鏡を使わなくてもいつでも観察できるのが手です。手や指の甲がきれいだと、ネイルや指輪などのアクセサリーなども映え、いつも目にする手がきれいだと、気分も明るくなります。...

≫続きを読む

シワ対策には正しいマッサージを

加齢によるシワは、肌の表面の問題ではなく、皮膚の内側にある筋肉が衰えるために発生します。顔の筋肉は、表情を作るほか、皮膚を支える、血行を促進して細胞に栄養素や酸素が行き渡るようにするなどの働きを持ちます。その筋肉が衰えてしまうと、まず皮膚を支えることができなくなるため、たるみやシワになります。そして...

≫続きを読む

正しい睡眠でシワ対策

睡眠とシワには深い関係があります。肌は夜、体を休めているときに生成されるからです。特に夜10時から2時頃の「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれている時間帯は眠っているようにしましょう。睡眠中乾燥しないように、睡眠前はスキンケアをしっかりと行いましょう。お手入れの最後は、クリームで保湿しましょう。心地よ...

≫続きを読む

正しい紫外線対策は?

紫外線は、シミ、シワ、肌荒れなど、多くの肌トラブルに関係し、将来皮膚ガンに発展させてしまう恐れもあるというやっかいなものなのです。紫外線にはUV-AとUV-Bがあります。UV-Aは波長が長いので、室内にいても浸透してきます。肌も通過して真皮層の細胞にまで到着し、長時間かけて肌の内部のコラーゲンを変性...

≫続きを読む

シワを予防する食生活について

シワやシミのない健康的な肌を作るためは、まずは身体が健康であることが大切です。健康な体のためには、栄養バランスのとれた食事を三食きっちりと摂りましょう。深く刻まれたシワの原因は、皮膚の内側にある真皮質を構成するコラーゲンが減少して、ハリが失われることです。コラーゲンを生成する能力は、年齢を重ねること...

≫続きを読む